投稿キャンペーン

最近見た映画

ノルウェイの森
バーレスク
ソーシャル・ネットワーク
ウォールストリート


最近、見た映画が思い出せなくなってきた…。
やはり書いておかぬと、記憶はあてにならぬのぉ。

大河ドラマ見ながら書いたら口調がおかしくなっちゃった。

今回の大河ドラマ「江」は久々に続けて見ようと思ってます。毎回泣いてしまう。
やはり男の人は、顔でなく性格だとしみじみ思う。


今見たいのは、英国王のスピーチ。


■  [PR]

# by sizeM | 2011-03-06 20:48 | 映画 | Comments(0)

なれたらいいな

昼寝したからか、寝付けないデス。。
今夜はちょっと涼しいな…窓から入る風が気持ちいい。

寝付けないと色んなコト考えてしまうなぁ。会社のこと、仕事のこと、人間関係のこと。。




社会には目に見えないルールがたくさんあるんだね。

自分は今まで、目をつぶりながらそんなルールをガシガシ踏ん付けて歩いてきた気がする。

くだらないルールも中にはあるかもしれない。
でも、くだらないかそうじゃないかは、とりあえずそのルールに従ってみて起こるコトを見てからじゃないと、判断出来ないのかもしれない。


うー難しいっ。

日々勉強です…それも、失敗からしか学べない勉強。

奢るな自分っまだ二年目!!

■  [PR]

# by sizeM | 2010-08-16 02:01 | 思い | Comments(0)

共感

映画「百万円と苦虫女」

…割と理想。


太宰治「人間失格」

こんなに面白かったのね。



あ~う~なんか鬱屈するなぁ。
平日特にしんどい訳じゃないんだけど、土日に廃人になりがちだ。
危ういぜ。



蒼井優と闘莉王が好きなり。
どんな組み合わせだよ。
■  [PR]

# by sizeM | 2010-07-12 21:46 | Comments(0)

帰り道のつぶやき

会社からの帰り道。

イヤホンでMichael JacksonのWe Are the Worldを聞きながらぼんやりバス待ち。


キレイな曲だなぁ。そして優しい。

いろんなことを、We areって考えられるといいなぁ。

主語を、私、から、私たち、に。

なかなかできないんだなぁ、これが。

うーん、難しい。

でも、できるといいのに。


■  [PR]

# by sizeM | 2010-01-25 18:38 | Comments(2)

リフレッシュ

今日は、午後から年休とって、のんびりリフレッシュ♪

空が真っ青で、空気は凛と澄んでて、とても気持ちいい日でした。

せっかくなんで、家から、通ってた小学校のあたりまでをぶらぶらと散歩。

小学生のときに、あふれる好奇心を持って歩き回ってた懐かしい風景。
あの頃って、日常の全てが冒険だったなぁ。
ある意味社会人一年目の今もそうですけど^^

今日撮ったいくつかの写真を紹介します。



↑小学校の裏手を流れている川。
ここは今でも蛍の見えるポイントで、小学校3年生のとき、担任の先生が、
夜に父兄も一緒に連れて行ってくれたことが思い出。




↑小学校の通学路の途中から見える大学。
ちょうど家と学校の中間ポイントからの景色で、家はこの大学の隣なので、
ここでいつも大学を見やって、一息ついて帰るのでした。




↑住宅地ゾーンに突入。
ここに来るまでにも結構な坂を登らないとダメなんですが、こっからも結構な坂です。
でも、ここまで来たら、もうあとちょっと!
子供のときは、この坂を自転車で思いっきりじぐざぐ走行しながら、汗水たらして登ってました。
次の電信柱まで足をつけずに乗れたら、今日いいことがある!とかね。




↑坂を上っていく途中にある公園。
ここでよく遊んだなぁ。
写真の左側に、遊具を集めた場所があるのです。
遊具エリアは木がいっぱいで薄暗かったから、グラウンドで遊ぶことが多かったっけ。
鬼ごっこ、色鬼、高鬼、かくれんぼ、自転車、なわとび、缶けり・・・
この公園は、社会人になってからも、一人で野球ボールの壁うちとかをしに行ってたので、
そんなに懐かしい感はないですが(笑)




・番外編

現在開発中の隣町。
ずっと高いフェンスしてたんだけど、最近ようやく取れて、視界が広がりました。
この隣町とつながると、何かと便利に♪
町が広がったみたいでなんか嬉しいです。
道が広くて緑が多いから、散歩にもよさそう。


今日はいい天気の中ゆっくり歩けて、ほんとにリフレッシュできました!
明日からも仕事頑張るぞーぅ!
■  [PR]

# by sizeM | 2009-11-04 20:36 | 思い | Comments(2)

THIS IS IT


見てきました!

マイケル・ジャクソンが10年ぶりにする予定だったコンサートツアーの、リハーサルや舞台裏の映像集。

断片的な感じもなく、すごくよくできたミュージカルって印象でした。

マイケル・ジャクソン…こんなん言ったら怒られそうだけど、整形を繰り返してのっぴきならない所までいっちゃった上に、奇妙な性癖を持つ気持ち悪いおじさん。そんなイメージでした。

でもこの映画を見て、世界が熱狂するのも分かりました。
スキャンダルも何もかも、本当に些細なことだと思わせる圧倒的なスター性が、画面からビシバシ伝わってきて、2時間ずっと目を見張るばかりでした。

惜しい人をなくした…。
そして何より、一緒にコンサートを作っていっていたダンサー、ミュージシャン、スタッフ、ファンのために、このコンサートは実現して欲しかった……。


映画館はキャパ150人位のシアターでほぼ満席でしたが、最後の最後まで上映が終わってシアター内が明るくなるまで、一人も席を立たなかった。上映が終わると自然に皆が拍手をした。

こんな事初めて。

私DVDは買ったことありませんが、これが発売されたら、初の一枚になるかもしれない。

2週間で公開が終わってしまうらしい。見るなら今だ!


と思ったら、人気がすごくて2週間延びるらしい。良かった良かった。スクリーンでもう一回見たいなぁ。


■  [PR]

# by sizeM | 2009-10-31 23:40 | 映画 | Comments(2)

お久しぶり

かなりお久しぶりです。

社会人になって、新しいことがいっぱいで、PCもあまりしてませんでした。

仕事は、職場の人にも恵まれて、とても楽しく働けてます☆感謝。

研修は2日間だけで、3日目から現場での仕事で最初はアップアップしてましたが、

私にはそっちの方が向いてるかもしれない。

公務員らしいところといえば、全ての仕事に法律がつきものなところ。

私は経理課なので、日々財政小六法を片手に、根拠法にあたりながら仕事しております。


社会人になって、休日のありがたみが倍増した。

仕事はカレンダー通りなので、遊びに行くときはどこも混んでて閉口するけど、

休日を楽しみにするのも、毎日にめりはりができて、それもまたよしですね。


最近仕事帰りにバイオリンを習いに行こうと思って、色々と教室を探しています。

もう23だし、趣味を深めていけたらいいなぁ。

よなよなギターを弾いたりはしてますが、こっちの方は全くレパートリーも増えず。。

でもぽろぽろやってるだけで、結構楽しい。


大人になるのは楽しいなー。

でも、内部試験があるから、勉強もしなきゃ。


まだ働き始めて一ヶ月ちょっとですが、職場にもサイクルにも大分慣れてきました。

これから色んなことあるだろうけど、とりあえず今楽しいです。


そんな近況報告でした。


■  [PR]

# by sizeM | 2009-05-11 22:17 | 生活 | Comments(5)

卒業

卒業できることが確定しました!!

1年前は完全に後2年って思ってたけど、多くの大切な人の支えのおかげで、なんとかここまでこぎつけることが出来ました。

思えば怒涛の大学生活でした。

前半まったりしすぎたツケを払うため、最後の年は公務員試験と両立しながらキャップを超えて院の授業を取り、大学での勉強の楽しさを満喫しつつ61単位を取得しました。
プレッシャーも多かったけど、毎日が刺激的でとても楽しかったです。

多くのことを学んだ大学生活でしたが、一番の収穫は、
人間変われるってことを知ったこと、だと思うのです。

1年留年は痛かったけど、必死になったことで得たものは大きいと思います。
これから先シンドイことはたくさんあると思いますが、私は変われる、頑張れるってことを忘れないで精進していきたいと思います。

ありがとう、ほんとありがとう。
神戸。
特別な場所。

■  [PR]

# by sizeM | 2009-03-09 11:02 | 大学 | Comments(4)

またしても映画

・善き人のためのソナタ
この映画は、国家保安省統制下における東ドイツが舞台です。
冷酷な保安省職員である主人公が、不穏な動きをする芸術家の生活の全てを盗聴しつづけるうちに
彼の固く冷たい心が、柔らかく温かく変化していく、というお話。
けれど、体制に背いた代償は大きくて・・・

大きな流れの中で自分を見失わないこと、もしくは取り戻すこと、というのは本当に難しいと思う。
こんな平和な日本だからこそ、色んな事に疑問を持つ機会は、自分が意識的に持たないと
どんどん失われてしまう。
たまに、自分があらゆる物事を、
ほとんど何の疑問も持たずに受け入れていることに気付いてはっとする。
間違った判断でもいいから自分の頭を使おう。そう思いました。


・マリア・カラス 最後の恋
マリア・カラスって純粋な人だったんですねぇ。。
そして哀しい恋。

家にマリア・カラスのCDがあったので、映画見終わってから聴いてみました。
人物を知ってから聴くと、今まで以上に歌が染み入ってきます。
哀しい恋をしていたことや、晩年声が出なくなったことを思いながら聴くと、
歌にもそこはかとなく悲壮感が漂って、しみじみとしてしまいました。
美しい人が幸せになれるとは限りませんね。。
■  [PR]

# by sizeM | 2009-03-04 18:20 | 映画 | Comments(2)

TSUTAYA DISCASはすごい!

期末が終わって、念願の春休みという訳で、
我慢してた映画欲求・読書欲求を放出しています。

最近見た映画

・「レボリューショナリー・ロード」(封切)
お正月に見た「ワールド・オブ・ライズ」に引き続き、レオナルド・ディカプリオ主演の映画。
ディカプリオとケイト・ウィンスレットというタイタニックコンビです。
久しぶりにヒューマンもののアメリカ映画で、面白かったです。
ただ内容はかなり重い感じで、色々考えさせられます。
夫婦の歯車がずれていく話なので、カップルで見に行くことはオススメできません。
しかしディカプリオの演技はすごいなぁ。。

・「レミーのおいしいレストラン」
CGめっちゃきれい!!
料理美味しそう!!
ただ、キッチンをねずみが走り回ってるのは、やっぱり生理的にちょっと・・・
以上!

・「海の上のピアニスト」
この映画好きで、今回で3回目。
音楽もすごくきれいだし、主人公の哀しい雰囲気がなんか気になります。

・「奇跡のシンフォニー」
少年可愛い~!
ギターのかっこいい演奏方法にびっくりしました。
真似してみたけど、全く出来なかった。。
後半の展開がちょっと強引な気もしましたが、そこそこ面白かったです。

・「アメリカン・ヒストリーX」
アメリカに巣食う人種差別と銃社会のやりきれない話。
ほんとオバマさんが大統領になったのは、奇跡に近い話なんだなぁと思いました。
資本主義の限界を誰もが感じ、大胆な変革が望まれる程
アメリカが切羽詰っていたということでしょうか。

・「チェ 28歳の革命」(封切)
チェ・ゲバラ知識は全くなかったけど、面白かったです。
チェ役の役者が渋かった。
面白かったです。
続きも見なければ!

こんなとこかな~。
もっと映画館でいっぱい映画見たいなぁ~。
最近は見たい封切がいっぱいあります。

法律の勉強もしなきゃなぁ・・・と思いつつ、
何から手をつけたらいいのか分からず結局何もせず・・・;
とりあえず「ミナミの帝王」でも見ようかなw
■  [PR]

# by sizeM | 2009-02-24 18:11 | 映画 | Comments(2)

HAPPY^^

ここ数日色々ありました。

とりあえず、3日程前に大学の期末試験が、レポート含めすべて終わりました!
果たして卒業できるか・・・後はただ待つのみですね。。

2日前には、裁判所のセミナーが。
1分間の自己紹介や、グループでの来年の内定者に向けたキャッチコピー作り&発表など、緊張する場面が多かったです。
けど、その分皆とわいわい話して仲良くなれたし、楽しかったかな♪

セミナー後に同期と飲みに行きました。
仕事帰りに飲みに行ってるみたいで、なんかわくわく。
まだ話してなかった人とも話せて楽しかった!
しかも、翌日が誕生日ということで、サプライズでお祝いしてもらえて、びっくりした!
まさか誕生日知ってる人がいるとは・・・きむにぃありがとう♪

昨日今日は大切な人が最高の思い出をくれました。
感謝感激。。

メールくれた同代、同期、メッセージ書いたケーキの写真だけ送ってくれた高校時代の友達w、、、
皆のおかげで、楽しい23歳を過ごせそうです!
23歳も頑張るぞー!ありがとうございました!
■  [PR]

# by sizem | 2009-02-15 23:41 | 思い | Comments(4)

3分の1ルール

今日大学の授業でちょっと面白い話を聞きました。

3分の1ルールというのをご存知でしょうか。

複数のものから何か一つを選ぶとき、全ての選択肢を一度きりしか見れない場合の最も効率的な選び方のことだそうです。

まず全部で候補がいくつあるのか数えます。

例えば就職を例にとって、30社訪問するとします。

このとき、最初の3分の1である10社は絶対に選ばずに会社説明を受けるだけです。

そして、その10社のうち、最も良かった1社だけを頭の中に留めておきます。

それから残りの20社の話を順番に聞いていって、その1社と同等もしくはそれ以上の会社が見つかった時点で、残りは聞かずにそこに決めます。

これが3分の1ルールです。

全候補の3分の1を見たあと、その中の最も良かった1つと、残りの3分の2を順番に比較し、最初の1つと同等もしくはそれ以上が見つかった時点で決定する。
最初の3分の1は単なる比較対象、いうなればサンプルです。この中からは絶対に選んではいけません。

これが最も効率的な、つまり費用の最も少ない方法だと、数学的にも証明されているそうです。(そこらへんはさっぱりです)

なんか面白いなーと思ったので書いてみました。

物件、あらゆる買い物、結婚相手、今夜の献立、、etc
色んな局面で使えそうです。

もちろん場合によっては最上の一つを見逃すことも多いにあり得るし、ベストな方法とは言えないかもしれません。
でも、とにかく限られた時間の中で、最も効率的に良いものを選びたい!って人や、
多くの選択肢を見すぎて何がなんだか分からなくなって、結局いつも「なんでこんなのを・・・」ってのを選んじゃうんだよなーって人にはおすすめの方法です。
時間の節約、頭の整理になかなか使えるんじゃないでしょうか。

特に、私はそんなに大事じゃない選択(レストランでのメニュー選択とか)にはどしどし使っていくべきだと思います。
いつも、すごく迷った挙げ句に後で後悔するので。。
■  [PR]

# by sizem | 2009-01-20 13:10 | 大学 | Comments(6)

情報処理課題覚書

1、ローレンツ曲線とジニ係数
 ローレンツ曲線とジニ係数は、いずれも所得の不平等度、経済格差を測る指標である。

ⅰ)ローレンツ曲線
ローレンツ曲線とは、横軸に人口の累積百分率をとり、縦軸に所得の累積百分率をとった、世帯の所得分布を示したグラフである。ローレンツ曲線を描くためには、以下のような度数分布表を作成する。 は階級jの平均所得であり、全てのjについて とする。

(表1)

(Pj、Qj)をグラフ上にプロットし、つなげたものがローレンツ曲線である。


(図1)


図1は一辺の長さが1の正方形であり、曲線 および がローレンツ曲線である。
階級間の所得格差がより大きいと、ローレンツ曲線はより下方に膨らんだ形となる。図の場合、 よりも の方が格差の大きい状態である。
完全平等の時、ローレンツ曲線は45度線と一致する。また、完全不平等のとき(全所得を1階級のみが独占しているとき)、ローレンツ曲線は折れ線ABCと一致する。


ⅱ)ジニ係数
ジニ係数は、所得の不平等度を数値化したものである。
図1を用いると、三角形ABCに占める45度線と曲線 に囲まれた面積(黄色の部分)の割合がジニ係数である。

ジニ係数=図の黄色の部分の面積/三角形ABCの面積=図の黄色の部分の面積×2

表1を用いて表すと



となる。ただし、(P0、Q0)=(0,0)

ジニ係数は0から1までの値をとり、完全平等のときが0、完全不平等のときが1である。


2、1973年におけるローレンツ曲線とジニ係数
(Penn World Table6.2のRGDPCH、POPのデータと1で示した計算方法を用いた)

ⅰ)ローレンツ曲線
(図2)


ⅱ)ジニ係数
1973年のジニ係数=0.62
(対象国:154カ国)


(参考ページ)
・経済学のための計量分析入門 講義補助資料「ローレンツ曲線とジニ係数」/早稲田大学政治経済学術院教授 近藤康之
http://www.f.waseda.jp/ykondo/ja/edu/lectures/CompIntro/2002/note02.pdf
・「経済指標の見方・使い方」/富山大学経済学部教授 中村和之
http://www.pref.toyama.jp/sections/1015/ecm/back/2005apr/shihyo/index.html




■  [PR]

# by sizeM | 2009-01-12 21:51 | 大学 | Comments(0)

初詣

今日は近所の神社に初詣に行ってきました。

おみくじの結果は「吉」。

うん、ぼちぼち頑張っていきます。



夜は借りてたDVD「象の背中」を見ました。

自分の死って、考え出すとなーんか怖いねー。

ストーりーは感動・・・というか、役所広司の演技に魅了されはしたけど、

ちゃっかり愛人作っちゃってることがひっかかって、すっきり感動出来なかったです。

妻に優しい言葉かけても、抱きしめても、愛人作って騙してるやん。

最後の最後にそれを知ってしまって、でも死にゆく夫には文句の一つも言えなくて、

これから先もその事実を抱えて生きていかなければならない妻の立場はどうなるのでしょう。



あと、愛人には病気のこと言って、妻には言わない、とかもありえないと思った。

優しさのつもりなのかもしれないけど、もし自分がそのことを知ったら、すごく傷つく。

大事に思ってくれているなら、思ってくれているからこそ、真っ先に言って欲しい。



なーんか、そんなことを思いましたよっと。

ほとんどは、今だから言えることですが・・・。





浮気は甲斐性って本気で信じてる人いますか。
■  [PR]

# by sizeM | 2009-01-03 23:06 | 映画 | Comments(4)

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます☆

昨年は色んなことが前に進んだ一年でありました。

また、新たな仲間と数多く出会えた年でもありました。

今年は、昨年の勢いを維持し、実際の一歩を踏み出せる年にしたいと思います。

何より体が大事なので、健康・体力作り第一で地道に頑張っていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。






・・・思いのほか硬くなってしまった。

あー冬休みの宿題に全く手を付けれてない!

期末にものすごいプレッシャーを感じる!

が、それは明日以降考えることにして、今から映画に行って来ま~す^^

因みにディカプリオの「ワールド・オブ・ライズ」を見てきます。
■  [PR]

# by sizem | 2009-01-01 20:47 | 思い | Comments(3)

図書館

火曜日は、授業の合間に学校の図書館に行く。

それが最近の習慣。

毎週色んな本を借りて読んでます。(ほとんど小説)

金城一紀 「GO」、「SPEED」、「対話篇」

瀬尾まいこ 「幸福な食卓」

恩田陸 「夜のピクニック」、「チョコレートコスモス」

村上龍 「5分後の世界」、「半島を出よ」

小川洋子 「妊娠カレンダー」

江國香織「号泣する準備はできていた」

村上春樹 「「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?」


とりあえず今思い出せるのはこんだけ。

この中で特にオススメは「幸福な食卓」と「夜のピクニック」と「チョコレートコスモス」!

「夜のピクニック」は一時期どの本屋でも平積みになっていて、逆に依怙地になって読んでなかったんだけど、たまたま図書館で、「夜のピクニック」の著者とは知らずに「チョコレートコスモス」を読んで、その面白さに感動して、他の著作を調べてみると、なーんだ「夜のピクニック」の人だったのか!すごい作家を発掘したと思ったのに、超有名人じゃん、残念、と悔しかったんだけど、そのおかげで素直に「夜のピクニック」に手が出ました。
で、読んでみると、やっぱりすごく面白かった。

青春だねぇ、と思ったけど、私の青春のイメージはこんなに完璧じゃない。
もっと幼稚やったし、泥臭かったなぁ。
でも楽しかった!
その楽しさはしっかり思い出した。
てかうちの学校は年に1回実際に徒歩訓練があって、夜通しじゃなくて朝出発して午後には戻ってくるんだけど、歩いてるときの雰囲気とか疲れたときの感じとか運動場に全校生徒が集まってる情景が、リアルに本の通りで、普通に懐かしかった。


俄然恩田陸さんは私の中で注目作家になりました。
作品集めようかな。

「幸福な食卓」は、面白かったけど、すごく悲しかった。
ちょっとネタバレですが・・・


もし大切な人がこの世からいなくなったら。。
考えるだに恐ろしい。
果たして立ち直れるだろうか。
私は、この年代ではあるいはまだ多数派かもしれないけど、物心ついてから身近な人を亡くしたことがない。
だから、それがどういうことなのか、うまく想像することが出来ない。
でも、事件・事故は当たり前のように毎日起こっていて、それが明日私の周りの世界で起こらない保証はどこにもない。
そう考えると、今の平和な日常、隣にいてくれる人の愛おしさに胸が打たれますね。。



あ、ハリー・ポッター7巻読んだよ!!!
7巻もすごかったねぇ!
めっちゃ面白かったです!ありがとう!
■  [PR]

# by sizeM | 2008-11-23 00:56 | | Comments(8)

ラスト半期

残り半期(のはず)の大学生活ですが、めっちゃ充実してます。
院の授業をたくさん取ってるのですが、院は人数が少ないので
院生の友達も何人か出来ました。
テスト前のにわか友達と、クラブの交友関係を除けば、
大学での初友達になるのかな・・・(かなり問題あり;)

しかも、学部と違って院生は勉強が好きでしてる人らなので、刺激的!
勉強会を開いたり、留学生と仲良くなって英語を教えてもらったり。

そもそも院の授業はすごく積極的。
授業中に発言してナンボ、みたいな。
最初は全く発言できなくて悔しい思いをしてた私も、最近では抵抗がなくなってきて
自然に声が出てたりします。
まぁ、これが本来の大学の授業なんでしょうが。。
学部の授業は何百人で受ける授業が多いので、なかなかこうはいかないですね。

院の授業の一つで、履修者8人位で、毎回英語の論文を1章ずつ予習していって
内容について討論、というものがあります。
予習は大変なんだけど、ゼミに入ってない私にとって、
少人数での活発な意見交換という機会は初めてで、すごく楽しい。
否が応でも友達になるし^^
院に進みたい衝動に駆られないこともない。

てな訳で、院の授業は楽しく受けているのですが、、、
今一番取れるか心配なのはドイツ語だったりします・・・orz
どーいうこっちゃ
■  [PR]

# by sizeM | 2008-10-24 22:09 | 大学 | Comments(2)

アップダウン

自信のある時とない時の差が大きかったりする。のです。
誰でもそうなのかも知れないけど。

大学の講義に感動したり、向学心に燃えていたり、
もっと直接的に試験に受かったり、成績が良かったりする時は、
自分もなかなか捨てたものではない、と思える。

けど、自分と違うフィールドで評価を得てる人や輝いてる人を見ると、
自分の凡人さが身にしみて全てに自信がなくなって落ち込んでしまう。

上を見たってキリがないんだし、人は人、自分は自分だということを
ありのままで認めていけるようになりたい。ならなきゃ。




こーゆーコト言ってるあたりがガキだったりするんだなσ(^_^;)
■  [PR]

# by sizem | 2008-10-08 18:07 | 思い | Comments(4)

再開!

今日からまた大学生活が始まりました!

充実した夏休みだった!
マレーシアは世界遺産のペナン島に行きーの、紀州加太の温泉に行きーの、就職面接に行きーの。

夏休みでたるみきった頭に、5時半起きは辛い;
昨日昼寝してしまったせいで、夜はあまり眠れず睡眠不足。
案の定、1限と2限で若干うとうとしてしまった;;
こんなことじゃいかんばい!
今日の夜はよく眠れるはず。

今期は大学院の授業をいっぱい取るため、5、6限の授業が多い。
1、2限に出て3、4、5限が空いて、6限とかの日も。
授業終わったら8時半。
夜景が綺麗だね、父ちゃん。。

空いた時間は暇ですが、家で勉強できない私にとっては貴重な自習時間でもあります。
ブログとか更新してる場合じゃnるあえwbg

さて、図書館行って6限の予習でもしようかな。
■  [PR]

# by sizem | 2008-10-01 16:58 | 大学 | Comments(2)

成績発表

でした。今日0時より。

ドキドキしながら確認。

今日一日、ダメだった場合のことがずっと頭を駆け巡ってた。

が、結果全取り!

やった!!

これで少なくとも後期頑張れば来年から裁判所で働ける!!

心底ほっとしました。


後期も頑張ろう!!
■  [PR]

# by sizeM | 2008-09-19 00:31 | 大学 | Comments(4)

それでもボクはやってない

相変わらず映画見てます。

いや、ほんとは眉山借りたかったんだけど、置いてあった3本とも借りられてたので断念。

なぜ眉山なのかというと、昨日・今日と地元北千里で阿波踊りのお祭りがありまして、今日見に行ったんですね。

で、その踊りに感動した勢いで、阿波踊りが作中出てくるという眉山を見ようとしたけど、いやはや残念。未だに人気だなぁ。


それでせっかく来たし何か借りようと思って、目に付いたのが、「それでもボクはやってない」。

気になってはいたけど、まだ見てなかった作品。

来年から裁判所で働くことになる訳だし、これは見とかなきゃと思って借りてみた。


なんか哀しくて悔しくて、映画なんだからって思わなきゃ見てられなかった。

私は裁判の現状とかについて、まだ何も知らないから、何も言えないんだけど

とりあえず就職したら色んな事をしっかり見て、勉強しようと思いました。

まずは知ることから始めないと。




少なくとも、裁判所は真実を明らかにしようと最大の努力が行われるべき場所だし、厳密に公正であることが要求される場所です。

身近でそれらの作用を見つめることが出来るようになることにすごく感謝してるし、期待してます。
■  [PR]

# by sizeM | 2008-09-01 02:19 | 映画 | Comments(2)

レンタルDVD三昧

今週借りた映画は・・・

「麦の穂をゆらす風」
「マルコムX」
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
「ミュージック・イン・マイ・ハート」
「太陽がいっぱい」
「ぼくが天使になった日」
「スパニッシュ・アパートメント」

映画三昧でした。

「麦の穂をゆらす風」は1919~1921年のアイルランド独立戦争をめぐる物語だけど、

以前にも同じ戦争を描いた「マイケル・コリンズ」という映画を見ていたので、より理解しやすかった。

アイルランドは哀しい歴史を持った国ですね。

分かり合うって難しいなぁ。。


そういえば、こないだバイトの面接に行ってきた。

短期でもOKのとこ探してたら、エキストラのバイトがヒットしたので、それに。

面接というか、登録に行ったって感じだった。

身長とか習い事とかスポーツ経験とか聞かれたけど。

夏休みの資金稼ぎにバイトしようと思ったのに、芸能界の仕事は、翌々月払いが基本らしい。。

意味ないよ!!

でもまぁ、面白そうなので登録してみました。

仕事くるといーなー。
■  [PR]

# by sizeM | 2008-08-28 23:49 | 映画 | Comments(0)

スカイ・クロラ

今日はレディースディなので、映画館に押井守監督のアニメ「スカイ・クロラ」を見に行きました。

いやー最近のCGはすごいねー。

もう実写かCGか分からん位の映像。

主人公がパイロットということで、空や空から見た地表の映像がすごく綺麗でした。

落ち着いた空気感がとても良かった。

■  [PR]

# by sizeM | 2008-08-21 00:18 | 映画 | Comments(0)

順調に

先日、某第一志望から内々定を頂きまして!
私の就活は無事終わりました。

まだちょこちょこと面談とかはあるけどね。

民間とのタイムラグに不安になりながらも、最後まで頑張って良かったです><。

後はもう、大阪で働けるのを望むばかりです。。


夏休みが本格的に始まって、やりたいことが目白押しだ!!

1、本読む!
この機会に、塩野七生の「ローマ人の物語」シリーズを読みたい!
文庫だと今出てるだけでも30巻以上あるんだよね。。
まぁ、ゆっくりでいいから、この夏休みに読み始めようかと思います。

2、映画見る!
この前見たい映画をリストアップしたらゆうに30本超えてた。。
出来るだけ消化していこ。

3、バイトする!
バイトしないと持たない><
いい短期のバイトないかにゃー。

4、旅行する!
最後の(はずの)夏休みだしね!
今のトコ2つ行く予定あり。
バイトしないと・・・。

以上!
出来るだけ色んな事したい。
■  [PR]

# by sizeM | 2008-08-16 02:15 | 思い | Comments(2)

星が流れて夏休みの幕が上がった

12日で、全てのレポートも終わり、遂に念願の夏休み!!

最初のイベントとして、さっきまでペルセウス流星群見てました。

30分だけ…。

首の痛さに耐えかねて退散したけど、30分で2個見れましたよ!

梅田の光で結構空は明るいのですが、それでも星は大分見えました。

最初は空の半分位を覆っていた雲も、最後の方は1/4程に。
ツイてる♪



今年の夏休みは、学生生活最後の夏休み(のはず)なので、思い切り充実させるぞー!


流星見れて幸先いい感じだし、新しい事も色々やりたい☆


■  [PR]

# by sizeM | 2008-08-13 02:52 | 思い | Comments(0)

国際会計レポート覚書

「日本における会計基準グローバル化の展開と問題点」

1、国際会計基準登場の背景
 経済のグローバル化が進み、資金が国境を越えて動くようになった1990年代に入ると、国ごとの会計基準の違いが大きな問題となるようになった。冷戦の終結や、規制緩和の進展で、各国で国有企業の民有化が進み、こうした企業が続々と株式を公開した。世界中の企業の株が、グローバル化された資本市場に売りに出された。資金の供給元である投資家も、従来の資産を持つ「個人投資家」から、年金基金や保険会社といった「機関投資家」へと主役が変化した。ビジネスとしての株式売買が主流となったことで、企業を詳細に分析する必要性が生じた。しかし、世界中の企業を分析し、投資資金を様々な国籍の企業に分散させる際に問題となったのは、各国で採用されていた会計基準の違いの大きさだった。
こうして、「日本をふくめ世界中の企業を公正に比較できるひとつのモノサシ、つまり国際レベルの会計基準を持つべき」とする声が、強まっていった。そこで登場したのが、企業が使う唯一の会計基準として91年頃から議論が本格化し、98年に主要基準が完成した国際会計基準(IAS)だった。IASは国際会計基準委員会(IASC)によって設定された。またその後、2001年に国際会計基準審議会(IASB)が発足し、IASを含む包括的な国際会計基準として国際財務報告基準(IFRS)を作成している。
 このように各国の専門家が集まって作った国際会計基準には、「時価主義」という大きな特徴があった。時価主義とは、一部の金融資産を、期末時点の時価で再評価する会計手法のことである。保有資産の価値を毎期末ごとに見直し、時価と簿価の差額を評価損益として、貸借対照表や損益計算書に反映させる。時価主義は、期末時点における企業の財政状態を正確に公表させるための会計手法であり、貸借対照表(ストック)を重視した資本・負債アプローチである。
しかし、従来日本は「取得原価主義」で、資産を購入した時点の価格を帳簿価格にすることを原則としていた。取得原価主義は損益計算書(フロー)を重視した収益・費用アプローチである。資産を買ったときの値段(取得原価)である簿価と、市場で成立している値段(市場価格)である時価との間に差があることになる。日本は数十年の間に大幅な経済成長を成し遂げたため、時価が簿価を大幅に上回ることが多く、その差である含み益によって、日本企業は膨大な含み資産を持つことになった。これは、日本企業の競争力の源泉だと言われていた。だが、含みは経営者にとって見ればのりしろであり、仮に本業で損失が出たとしても、保有株式を市場価格で売却することで、簡単に株式売却益で損失を補填することが可能だった。高度経済成長が終わり、為替の円高も加わり、80年代に入ると日本企業の本業収益率は減速の一方であった。それを含みを利用することでカバーしようとしたのが、いわゆる財テクであり、多くの企業が株式や土地の売買に力を注ぐようになった結果、80年代後半には、本業の利益である「営業利益」よりも、株式売却益などの「営業外利益」の方が大きい企業が続出した。
ところが時価会計では、毎期末の時価が帳簿価格となるため、株式転売による利益創出ができなくなる。そのため、国際会計基準で株式の時価会計が議論され始めたころ、日本の経済界は大反対した。このように時価会計への転換を先延ばししたため、バブル崩壊によって含み益が含み損へと変わったとき、日本企業は重い負担を抱えることになった。株価や土地の下落が含み損として企業にのしかかった。時価会計だとこの損失処理は毎期されるが、取得原価主義では損失は先送りされる。当初は日本企業の強さの秘密を隠さんがための時価会計の導入反対が、ここに至って弱さを隠さんがために導入反対へと意味を変えていくこととなった。


2、日本における国際会計基準導入の展開
 会計の国際統一基準作りを拒否し続けた日本も、結局は国際化の流れに抗しきれず、96年の「金融ビッグバン」をきっかけに会計国際化を宣言するに至った。「金融ビッグバン」とは、1996年に橋本内閣が提唱した金融制度改革のことで、フリー(市場原理が働く自由な市場)、フェア(透明で信頼できる市場)、グローバル(国際的で時代を先取りする市場)の3原則に照らして、金融市場の規制を緩和・撤廃し、もって金融市場の活性化や証券市場の国際化を図ろうとしたものである。
「金融ビッグバン」が実行されるに至った背景は主に3点ある。1点目は、日本金融の自由化と国際化が進展していること。2点目は、バブル経済が発生し、崩壊したこと。バブルの発生・崩壊の中で、金融機関における不良債権処理が重要な課題となった。このような各種市場問題が顕在化する中で、マーケットルールやディスクロージャーの徹底、監視機能の強化が図られた。3点目は欧米市場との比較が行われたこと。この頃も欧米の金融市場は着実に発展を続けていた。外国為替取引や株式取引における東京、ニューヨーク、ロンドン市場の状況を比べると、東京市場は他の市場に比べて、伸び悩みが見られた。また個人金融資産額から見ても、日本はアメリカに次いで1200兆もの額にのぼり、これらの金融資産が日本経済にとって有効かつ効率的に使われ、国民にとって有利な運用が出来る場が必要である。こうした背景から、日本の金融市場を2001年までにロンドン、ニューヨーク並みの国際金融市場として再生するために金融システム改革の必要性が認識された。
具体的には、1998年12月に施行された金融システム改革法(正式名称は「金融システム改革のための関係法律の整備等に関する法律」)によって金融取引に関する規制の全般が大幅に規制されることとなった。この法律は、①資産運用方法の拡充、②活力ある仲介活動を通じた魅力的なサービスの提供、③利用者が安心して取引のできるシステムの構築、④多様な市場と資金調達手段の整備、の4つから構成される。
この改革を受けて、日本でも企業会計を国際会計基準に対応させていこうとする動きが起こった。1999年から2001年にかけての、この大々的な会計基準の改正が会計ビッグバンである。会計ビッグバンの主な改正項目は以下の通りである。
① 連結決算中心主義
② キャッシュ・フロー計算書
③ 税効果会計
④ 時価主義会計
⑤ 企業年金会計・退職給付会計
 ①の連結決算中心主義は、親会社・子会社別に決算するのでなく、子会社を含めた企業グループを1つの企業として決算することである。②のキャッシュ・フロー計算書は、会計ビッグバンにより新しく基本財務諸表に加えられる書類で、貸借対照表、損益計算書と並んで企業の経営活動に関する重要な情報を提供する書類として位置づけられる。具体的には会計期間の現金等の流れを、営業活動(販売や役務の提供等)、投資活動(有価証券や固定資産の取得等)、財務活動(借入や配当金の支払い等)の3分野に分類して報告するものである。損益計算書で示される利益はあくまで会計処理上の結果であり、現実に利益に相当する資金が企業の手元にあるとは限らない。したがって、損益計算書に利益が出ていても実際の資金繰りが不安定な場合もありうる。そのため、企業の資金面における実情を表す必要性から、米国を中心にキャッシュ・フロー計算書が普及し、会計ビッグバンをきっかけにも、日本にも導入されるようになった。③の税効果会計は、税法と会計とで税の計上の範囲や時期に差異が生じる不合理を解消するために導入された手続で、法人税等調整額の計上により、会計上負担すべき税額と税引き後利益を示す。つまり、会計上の利益と税務上の利益の食い違いを調整するための手続きである。④の時価主義会計は、上でも述べたように、貸借対照表上の資産・負債を時価で再評価する会計のことである。⑤の企業年金会計・退職給付会計とは、退職時に見込まれる退職給付総額のうち、当期までに発生した金額の現在価値額を退職給付債務として算出し、退職給付債務から期末時点における年金資産の現在割引価額を差し引いた金額を「退職給付引当金」として計上するものである。
 以上のような特徴をもつ会計ビッグバンによって、日本における会計基準は国際的な水準へと大きく接近することになった。現在の状況としては、2005年1月にIFRSへのコンバージェンスプロジェクトに合意した。2007年8月にコンバージェンスの加速化に合意がなされ(東京合意)、2011年6月末までに差異を解消し、さらに重要な差異に関しては2008年末までに解消するという方針が決定された。ここに言う「重要な差異」とは、2005年7月に欧州証券規制当局委員会(CESR)が公表したレポートにおいて「重要な」差異とされた項目のことである。


3、国際会計基準導入の問題点
 日本は、IFRSをそのまま採用はしないものの、自国の基準をIFRSへと近づけていくアプローチを取った。この過程がコンバージェンスと呼ばれるものである。コンバージェンスの結果、基準の中身が、国際会計基準と実質的に同じになるかどうかといった保障はない。基準が2セット存在し、表現に少しでも違いがある限り、そこから異なる解釈が発生する可能性がある。その結果、同一取引について異なる処理がなされる可能性も出てくる。またコンバージェンスには時間がかかるという問題もある。自国の既存の基準をIFRSへ近づけるためには、既存の基準とIFRSとの違いを一つ一つ把握しなければならない。例えば日本には企業会計原則をはじめとするさまざまな文書がある。それらをひとつひとつ改訂していかなければならないことになる。
 また国際会計基準の中身についても、いくつかの問題点がある。一つに、時価主義会計の問題点である。時価主義会計では、損益計算書に評価益としてまだ未実現の収益を認識することになる。そのため、未実現利益が配当や利益として社外に流出する危険性がある。また、そもそも時価評価の正確な実施が困難であることも挙げられる。市場が存在する場合でも、評価基準として販売価格と再調達価格のいずれを選択するかによって金額が異なる。市場が存在しない場合には、一般に割引現在価値を計算して評価額を算出するが、前提となる割引率や各期の収入予測の僅かな違いによって、評価額は大きく変わってしまうことになる。
 二つに資産・負債アプローチに立脚した包括利益制度の導入によって、かえって企業業績や景気の変動が増幅され、経済が不安定化するリスクが大きいという問題点である。資産価格は一般物価に比べて変動が大きく、また地域間格差も大きい。資産・負債の時価評価は、未実現評価損益の計上を通じて、これらの変動や格差が包括利益に影響を与えることになる。また、各国のマクロ経済や、各国・各地域の産業は、グローバル化の進展に伴って次第に相互作用が強まっているものの、必ずしも同期化していない。その結果、同様の資産あるいは負債であっても、当該資産・負債の割引現在価値に各国のマクロ経済の景況や産業景気の違いが反映され、時価評価が食い違うという事態が発生する可能性が高い。そのように包括利益の表面的な違いから、企業の評価が実力から乖離する場合、割安なコストで資金調達が出来る企業と、資金調達に相対的に高いコストがかかる企業や資金調達自体が困難となる企業が発生する。その結果、企業にとってみれば、包括利益の最大化が経営課題となり、本来業務をおざなりにして営業外利益の獲得に注力する動きが支配的となるだろう。また、将来期待利得の高い研究開発であっても、現在の大きな評価損の発生が見込まれる場合には早期の処分が最適選択となり、本質的な競争力強化の道が閉ざされてしまうかもしれない。


4、今後の課題
 日本国内の会計基準を国際会計基準に同期化することについては、現在でも賛否両論が多く、一概にどちらがいいとは言えない状況である。しかし、経済のグローバル化の進展から、国際的に統一された会計基準の策定は不可欠であり、この策定で主導権を握ることは、グローバル化された経済で発展を続けていくためには非常に重要なことである。そのため、国際企業会計基準の統一化に否定的な立場を取るならば、一刻も早く内外に明確な主張を論理展開して、国際社会から支持を獲得することが必要である。どちらの立場を取るにせよ、日本が国際金融の世界で主導権を握るためには、まず国内意見を統一することで、官・民が一貫した強い主張をすることが大事である。




(参考文献)
『国際会計基準戦争』、磯山友幸、日経BP社、2002.10
『国際的会計基準統合の問題点-抜本的見直しを要する包括利益プロジェクト-』、藤井英彦、日本総研 BER 2004年03月号
http://www.jri.co.jp/JRR/2004/03/op-finance.html
『国際財務報告基準(IFRS)概要とフレームワークについて』、矢農理恵子、会計・監査ジャーナル 2008年7月号
http://column.onbiz.yahoo.co.jp/ny?c=at_l&a=012-1214963068
『大蔵省/日本版ビッグバンとは』、金融庁 金融企画局 企画課、1998
http://www.fsa.go.jp/p_mof/big-bang/bb1.htm

■  [PR]

# by sizeM | 2008-08-12 01:40 | 大学 | Comments(0)

面接レポート③(国税専門官)

終わったぁ!

長い事ずっと第一志望だったこともあり、今回はまだいけてた気がします。

国税専門官は、まだ最終合格じゃないのに、1次合格者全員に身体測定をする珍しい試験。

12:30集合で、全体説明があり、13時頃から身体測定開始。

12,3人ずつ順番に呼ばれて、検尿・胸部エックス線撮影、内科問診を受けます。

最初の部屋に帰ってきたら、面接の順番が前の人から一人ずつ呼ばれて、個別面接開始。

私は順番が最後から2番目とかなり遅かったので待ち時間も若干あったけど、最初の方の人は身体測定から帰って来て、すぐ呼ばれてました。

測定中から心の準備が必要で大変だったのではないでしょうか。


名前が呼ばれると、一部屋ごとに担当の係員がいて、入室まで1対1で相手してくれます。

私が緊張してると、私の部屋の担当の係員の人が、「(面接官は)顔は怖いけど、いい人だから大丈夫ですよ」とか、「マニュアル通りのこと言うと突っ込みを激しく入れる性格の人だから、気をつけて下さい」とか、色々とアドバイスしてくれました。

いざ中に入ってみると、言うほど怖い顔ではなかったです。

最初に聞かれた併願状況で、国Ⅰに最終合格したと言うと、しきりにもったいないと言われてしまった;
けど、その後、国Ⅱに1次落ちしたと言うと、面接官3人爆笑。

まぁ・・・和やかな雰囲気になったから良かったかな;


全体として、ストレス解消できる?とか年上の人と初対面で対等に渡り合える?とか環境の変化には強い?とかの質問が多かったですかね。

どんだけしんどい仕事やねんと。

いや、でも国税いいと思います。

やりがいはあるかな、と。


■  [PR]

# by sizeM | 2008-07-31 19:44 | 公務員 | Comments(0)

やってしまった↓

今日大阪府の2次面接を受けてきたけど・・・大失敗。。

あー面接でこんなに大失敗するとは。。

後から考えたらそんなに突飛なこと聞かれてる訳じゃないのに、頭の回転がかなり鈍くて、全然答えられなかった。
カミカミだったし。。

確かに、全然対策出来てなかったし、モチベーションも下がってた。。
甘かった。。

気持ちを入れ替えて、明後日の国税専門官は頑張ろう(><


*後日談
なぜか受かってました。不思議不思議。
■  [PR]

# by sizeM | 2008-07-29 23:01 | 公務員 | Comments(2)

ふぃ~

今日は期末試験が4つあった。

追試験については、事情を説明したら、面接とかぶってた期末試験5科目全てについて、やってくれることになった!

しかも、そのうち4つはレポート提出になって、1つは持ち込み可の試験!

あ~良かったぁ!

教授とか教務は、こういうのには優しいなぁ。。
これまた5年目の新発見。
一方的に冷たい厳しいと思ってたけど、こちらの心構え一つだね。

しかし・・・その他の単位が取れるか。。
怖いよぅぅ。。
とりあえず今のトコ終わった7科目については、即死したのはなかった。
あとちょっと、頑張ろー!


明日は大阪府の2次面接っ!
今から対策します。。

■  [PR]

# by sizeM | 2008-07-28 22:16 | 大学 | Comments(1)

国Ⅱと豊中市

学校の期末試験がついに始まってしまい、一時公務員試験のことは忘れてました。

最近の動きとしては、国家2種の1次試験はやっぱり駄目でした。
恐らく僅差で落ちたものと思われる。。
まぁ、官庁訪問しないつもりやったし、いっか!

そして、豊中市の1次合格発表が今日で、こっちは合格してました。

何にせよ、とりあえず単位を取らないと内定もらっても意味がない!

ということで、29日に迫った大阪府の面接、31日の国税専門官の面接のことは考えないようにして、ひたすら学校、学校の毎日です。

あ、面接にかぶった期末試験の追試は、どうやらやってもらえそう!多分。
難易度が高くならないかが、怖い。。
■  [PR]

# by sizem | 2008-07-25 13:52 | 公務員 | Comments(0)

< 前のページ 次のページ >